枕なしもヤバい?

寝ている時に鼻いびきをかく人は珍しくありませんが、鼻いびきをかく人の多くの原因は枕があっていないからいびきをかきやすい状態になっています。
鼻いびきをかくのは寝ている時に舌が気道に落ちやすいため、いびきをかきやすい状態になります。

 

 

鼻いびきをかかないように予防するには、寝方をかえるか枕を変えるかして予防することができます。
まず寝方の方ですが、これは仰向けになり寝ているから重力も加わって舌が気道に落ちてしまいます。

 

 

なので横向きになって寝ることで、舌が気道に落ちないようにできるため気道の確保ができいびきをかかないように予防することができます。
次に枕になりますがこれは高さがあっていないため、いびきをかきやすくなります。

 

 

 

枕の位置が高いと自然と首は足元を見るような向きに曲がり、気道を狭めてしまいます。
気道が狭くなるとそれだけでもいびきがかきやすい状態になりますが、そこに舌が落ちてきたら余計にいびきをかきやすくなります。

 

 

 

そうすると枕をしなければいいと思いがちですが、枕がない事でも気道が狭まりいびきの原因になってしまいます。
そのため枕を選ぶ場合は予算に余裕がある場合はオーダーメイドのものを、そこまで予算がないという場合には高さを調節できるものを選びいびきの予防をしましょう。

 

>>鼻いびき改善サプリを試した意外な結果

 

 

>>>知っておきたい!鼻いびきの手術方法

>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。