日帰りも?

鼻いびきを治療したいという場合は、費用がかかってしまうものの手術という選択をするのも一つの方法です。
近頃、行われる機会が多くなったのはレーザーを用いた治療です。
この方法は、手術により咽頭を部分的に焼き切り気道部分を広げてあげるという手術方法です。

 

 

この手術方法は、生まれつき口蓋垂が長めの方や軟口蓋の位置が低めの方などに効果的です。
口蓋垂が長いという場合や軟口蓋の位置が引くという場合は、気道が狭くなってしまいます。

 

 

そのような状態になると、呼吸をする際に通る空気に乱れが生じてしまい喉の粘膜をはじめ分泌物、さらには口蓋垂も振動するようになるのです。
こうした発生した振動によるものが鼻いびきです。
レーザーを用いた手術方法は、日帰りで治療することが可能です。

 

 

 

レーザーを照射する時間もおよそ10分から15分と短めなので、身体に対して大きな負担がかかるということもありません。
治療は、準備を含めても総合的にはおよそ30分と短めです。

 

 

 

しかし、全身麻酔を行うのではなく局所麻酔ですので痛みを感じることは事実です。
さらに、治療中は医師が喉を確認しやすいように大きく口を開け続けていなければならないため、治療中に吐き気が起こりやすいと言えます。

 

>>鼻いびき改善サプリを試した意外な結果

>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。