タンパク質も一緒に

鼻いびきの原因はのどの筋肉が弱くなり、空気の気道を狭くしてしまうことで引き起こされます。

 

のど周辺の筋肉は加齢によって落ちていきます。
これに加えて、肥満による脂肪の増加で気道を塞いでしまいます。

 

そのため、鼻いびきを解消するためには筋肉量を増やし、脂肪を付けないようにすることが大切です。

 

そして、鼻いびき防止に良いとされている成分がリンゴ酸マグネシウムです。

 

 

なぜ効くのかという理由を説明しますと、この成分は筋肉の緊張をほぐして空気の入り口を広くする働きがあります。

 

 

リンゴ酸マグネシウムは、リンゴ酸に含まれているペクチンが脂肪を吸収し、マグネシウムの筋肉を弛緩させる働きが合わさってできた成分です。

 

この二つの作用によって、鼻いびきの原因を緩和することができるようになります。
しかし、ただ摂取するだけでは効果はありません。

 

リンゴ酸マグネシウムはあくまで鼻いびきを軽減するためのサポートが目的です。

 

日ごろの生活を見直し、規則正しくすることで効果が発揮されるのです。
次に、空気の気道が確保出来たら筋肉量を増やすことが大事です。

 

 

筋肉に必要な栄養素はタンパク質です。

 

タンパク質が豊富に含まれた食品を積極的に食べるようにしましょう。
増えた脂肪はマグネシウムによって燃焼することができます。

 

 

大量に吸収したタンパク質をリンゴ酸マグネシウムが吸収するので、しっかりと食事を摂りましょう。

 

 

もちろん食べすぎると肥満になってしまうので、適度な食事量を意識すると鼻いびき防止につながります。

 

 

特に高齢になってくると筋肉量の低下は避けられません。
衰えた筋肉をこれ以上落とさないためにも、リンゴ酸マグネシウムを取り入れるようにしましょう。

 

鼻いびきを放っておくと、睡眠時無呼吸症候群のように自覚できない症状が出てきます。

 

 

周りの人が心配する上に、鼻いびきをかくことで迷惑になる可能性もあります。
自身の健康のためにも、早いうちから対策をするようにしましょう。

 
>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。