鼻いびきの薬

鼻いびきの薬には様々なものが存在しますが、それぞれの薬の効果はどのようなものなのか気になるところです。

 

そこで、鼻いびきに効果のある薬のそれぞれの効果や副作用などについて考えてみましょう。

 

ナザールのいびきへの効果


出典:http://search.sato-seiyaku.co.jp/pub/search/dispproduct.php?productid=506

 

ナザールはアレルギー性鼻炎や鼻詰まりが原因のいびきに効果的だとされており、一定量の薬液がスプレーで噴射できるタイプなので小さな粒子が鼻腔内の隅々まで行き渡り症状を緩和してくれるとされています。

ナザールの副作用

長期連用することでリバウンド症状が出るとされており、鼻水の質が変化したり鼻血が出やすくなる、鼻の粘膜に炎症が起きやすくなると言ったことが考えられます。

 

コールタイジンのいびきへ効果


出典:http://takeda-kenko.jp/products/bien/cortyzine.html

 

コールタイジンもナザールと同じく点鼻薬で血管収縮作用によって鼻腔内の詰まりを改善していびきへの効果を導きます。

コールタイジンの副作用

軽度なものとしては鼻やのどへの違和感や刺激感が考えられますが、長期間使用することで炎症が起きやすくなったり鼻詰まりがひどくなることがありますので注意しましょう。

 

アンスノール

鼻腔に点鼻することでいびきを改善する点鼻薬でいびきの抑制と緩和を目的としているためにほかの点鼻薬とは異なるのが特徴で、現在は販売が中止になっているとされています。
副作用としては、体質によって合わない場合にはアレルギー症状が出ることがあるようです。

 

ジルテック錠のいびきへの効果


出典:http://health.goo.ne.jp/medicine/A1201160101

 

アレルギー性鼻炎などの原因となるヒスタミンの阻害効果によって鼻の通りをスムーズにしてくれる効果でいびきの改善を導きます。

ジルテックの副作用

じんましんや皮膚疾患にも効果があるとされていますが副作用としては眠気や倦怠感、発疹やかゆみなどの症状があらわれるとされています。

 

アレジオンのいびきへの効果


出典:http://www.ssp.co.jp/product/all/alesion/

 

抗ヒスタミン効果以外にもじんましんや皮膚疾患にも有効である他に鼻の通りを改善していびきを解消していく効果が期待できます。

アレジオンの副作用

頭痛や口の渇きのなどの軽いものから眠気や倦怠感、幻覚症状や不眠、悪夢などの様々な症状が出るとされています。

 

 

 

このように、鼻いびきの薬と言っても様々な効果があり副作用が出ることもあるとされています。

 

また、効果の出方も副作用についても人それぞれに体質によって出るか出ないかが異なりますので、自分の体質に合った薬を選んで改善していくのが良いと言えるでしょう。

 
>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。