鼻いびきの放置

鼻の中は様々な症状が起きやすい場所です。
鼻の通りが悪くなると、いびきが起きやすくなります。

 

いびきの原因を探らず放置すると、症状の悪化を招くので早めの改善をしましょう。
鼻は特に呼吸には重要です。鼻が原因のいびきは炎症が起きる場所や内容によって呼び方も違います。

 

鼻中隔彎曲症は鼻の穴の壁である、軟骨や骨が歪む症状です。

鼻中隔彎曲症の鼻いびきを放置すると?

睡眠時無呼吸症候群になったり、粘膜も炎症が酷くなっていきます。

 

副鼻腔炎などの二次的病気の予防が必要になります。
骨の異常なので薬の治療は難しく、手術で完治することが多いです。鼻の手術は全身麻酔や局部麻酔などがあり、局部麻酔であれば日帰りも可能です。

肥厚性鼻炎の鼻いびきを放置すると?

鼻の中でも鼻甲介は温度調節をしたり、空気を清浄する大事な場所で、鼻の中の大部分を占めます。肥厚性鼻炎いびきを放置すると、その鼻甲介の肥大が進むことがあります。炎症が肥大し過ぎるとレーザー治療を受ける必要も出てきます。アレルギーの炎症はヒスタミンを抑える薬など処方してもらいましょう。

鼻茸症の鼻いびきを放置すると?

また鼻のポリープと呼ばれている鼻茸症のいびきを放置すると、鼻のポリープが増殖します。アレルギーの合併症などで出来ることもあります。気付かないまま治っていることもありますが、いびきが続く様なら治療が必要です。

副鼻腔炎の鼻いびきを放置すると?

副鼻腔炎いびきを放置すると、鼻の細菌感染が進むことがあります。鼻汁が出て膿が出てきたり疲労が多い時に出ます。風邪などをこじらした急性鼻炎いびきを放置すると、やはり膿が出てきます。花粉症などの症状に紛れて、気付きにくいので気をつけましょう。鼻水に混じって血が出た場合は要注意です。いつもより、鼻の通りが悪い時は病院に行って解消する癖をつけましょう。放っておくと頭痛や、味覚異常が起きることがあります。そうなってしまうと、すぐに治す為に手術に踏み切りたくなりますが、それは最終手段になります。

 

 

鼻に過度な刺激を与えない様に予防もしましょう。
もしなってしまった場合は、まずは炎症を抑えなくてはなりません。

 

 

また、口内環境が影響する可能性もあるので口の中はきれいにしましょう。
虫歯が出来ると細菌が増えてしまいます。マクロライド系抗生物質の服用も長期では出来ません。治療は早く炎症が少ない時から始めましょう。

 

血流の流れによって痒みが増すこともあるので、激しい運動はなるべく控えましょう。
長時間体温を上げると炎症が肥大化することもあるので気をつけましょう。

 
>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。