未熟児無呼吸

未熟児の場合呼吸の器官も未熟になっているため、成熟している赤ちゃんと比べると無呼吸を招いてしまう可能性が高くなります。未熟児では半数以上の確率で無呼吸起こしていると言われています。未熟児が無呼吸を起こしてしまう原因となるものは、寝返り、感染、食べたものの逆流などといった問題があります。いずれにしても窒息状態になってしまい命の危険が関わってきます。

上気道狭窄

赤ちゃんの場合先天的に上気道の問題を抱えていることがあります。これが原因になって無呼吸を発症してしまう可能性があります。先天的でない場合でも、1歳から3歳の間で発症することが多いとされています。この場合の無呼吸では、閉塞型になります。睡眠をとっているときに発症することが多いので、気がつかない場合が1番危険とされます。特にいびきをかくことがあり、これが長く続くと発達障害や、窒息による命の危険、肺の高血圧などが起きるとされています。
さらに泣いている時に無呼吸を起こしてしまうこともあり得ます。

先天性過小喚起症候群

過小喚起症候群とは、呼吸するときに吸い込む力が強くなく、呼吸が難しくなってしまう病気です。生後1週間位の間に頻繁に起こるとされています。この場合いびきをかくことが少なく、静かに眠っているにもかかわらず呼吸が止まってしまうことがあるので突然死する可能性もありえます。

>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。