食生活や睡眠薬も?

いびきは、食生活が原因で起きることも多いとされています。基本的には、いちにち3食の規則正しい食生活を送ることが重要になります。胃腸が弱っていることで、疲労をきちんと回復することができず、いびきをかいてしまいやすくなるとされています。さらに食べ過ぎ、飲み過ぎなどは咽頭や粘膜に対していびきが発生しやすい原因を作り出します。喫煙も良いとされていません。さらに問題になってくるのがアルコールの摂取のしすぎです。アルコールは呼吸中枢を麻痺させるため、睡眠時無呼吸症候群を発症しやすいとされています。通常いびきをかいている人でも、アルコールを飲むことによってさらに大きないびきをかくことも確認されています。自分のいびきに悩んでおり、アルコールを飲んでいる人の場合では、しばらくの間お酒を飲まないようにしていびきの状態を家族に観察してもらうのが良いでしょう。その期間いびきの大きさが小さくなったり、いびきをかかなくなったりしたらアルコールが原因になります。高齢者になってきたりすると、睡眠薬や抗不安薬などによって、睡眠の質を上げようと考える方が多いとされています。中高年以上では、中途覚醒、早朝覚醒などに悩んでいる方も多いのです。しかしながら健康な状態で睡眠薬を飲むと、無呼吸状態は一気に増える傾向があります。無呼吸状態の数が多かったり、大いびきをかいている人の場合には睡眠薬の服用は危険であるとされています。

>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。

関連ページ

鼻いびきは鼻呼吸で防げる?
鼻いびきは鼻呼吸で防げるのかについて
室内の温度や湿度が原因でいびきをかく?
室内の温度や湿度が原因のいびき対策について説明しています。