鼻の粘膜に着目

部屋の温度や湿度によってもいびき、睡眠時無呼吸症候群を発症する場合があります。特に寝室の温度が低くて、手足の冷え性を感じている場合には温暖差による鼻づまりも起こりやすく、いびきをかく確率が大きくなってきます。さらに、空気が乾燥していてもいびきをかきやすくなります。口呼吸をしている場合、上気道が乾燥してしまい、ピリピリと痛みを感じることがあります。こういった痛みを感じたときには、なるべく早い段階で部屋に加湿器を用意するのが良いでしょう。いびきの治療に特化したスチーム加湿治療器もあります。
またいびきを防止するための薬もいくつか発売されており、鼻の粘膜を乾燥させないように塗っておくだけでいびきを抑えるということがあります。部屋の温度や、乾燥が原因でハウスダストによるアレルギー性鼻炎が起きて、鼻づまりが原因でいびきをかいている方も多いとされています。寝具にも気をつけるようにしましょう、極端に姿勢が悪い状態で眠ってしまうと、それが原因でいびきをかく形になっていることが少なくありません。マットレスを選ぶときなどには特に注意したいものです。沈みこみの少ない、固めのマットレスを選ぶようにしましょう。いびきの治療を考えるときには、まず対策グッツの前に眠っている部屋の環境をしっかりと見直すことが重要です。

>>>鼻いびきをかかない方法
【2018年版】まとめ


旅先でいびきをかかない応急処置サプリが新発売
↓ ↓ ↓
旅先で友人や家族、恋人へ、いびき被害を与えたくない!という人に
選ばれているサプリです。
>>>旅先でのいびき対策サプリを見てみる>>>
食品なので副作用はありません。

関連ページ

鼻いびきは鼻呼吸で防げる?
鼻いびきは鼻呼吸で防げるのかについて
暴飲暴食によるいびき
暴飲暴食によるいびき対策について