一番簡単ないびき対策は?

睡眠時無呼吸症候群の場合根本的に治療になることはありませんが、一時的に睡眠時無呼吸を予防することや、いびきをかきにくくする方法があります。深刻な状態になっていないのであれば、自宅でできる対策療法だけで呼吸の状態やいびきを防止することが十分に可能です。本格的ないびきの治療を行う前に自分でいちど試してみるのも良いでしょう。
>>鼻いびき改善サプリを試した意外な結果

 

>>>知っておきたい!鼻いびきの手術方法

 

まず1番簡単な方法ですが、横向きで寝る方法です。

 

大きないびきをかく人のほとんどが、仰向けで寝ています。これは重力の関係で、舌が喉に落ち込んでしまい、上気道を防ぎやすくなってしまうのです。こういった状況は筋力の低下とも密接に関係しているため、年齢を重ねることによっても仰向けに寝ている人はいびきをかきやすくなります。1番の対症療法としては横向きに寝る癖をつけることです。いびきをかいている際には、軽く譲ってもらい起きて横向きに寝る癖をつけるのが良いです。さらに横向きに眠る習慣をつける方法として、布団の片方に、座布団などを入れて傾斜をつけていくという方法があります。また、いびきを防止する靴でも、仰向けに眠ることを防止する器具もあります。
さらに、横向きで寝る場合には、枕を少し高めにするのが良いでしょう。枕を少し高くして、頭が起き君になると、気道が取りやすくなります。いびき対策の枕も存在します。

いびきは、食生活が原因で起きることも多いとされています。基本的には、いちにち3食の規則正しい食生活を送ることが重要になります。胃腸が弱っていることで、疲労をきちんと回復することができず、いびきをかいてしまいやすくなるとされています。さらに食べ過ぎ、飲み過ぎなどは咽頭や粘膜に対していびきが発生しやすい原因を作り出します。喫煙も良いとされていません。さらに問題になってくるのがアルコールの摂取のしすぎです。アルコールは呼吸中枢を麻痺させるため、睡眠時無呼吸症候群を発症しやすいとされています。通常いびきをかいている人でも、アルコールを飲むことによってさらに大きないびきをかくことも確認されています。自分...
部屋の温度や湿度によってもいびき、睡眠時無呼吸症候群を発症する場合があります。特に寝室の温度が低くて、手足の冷え性を感じている場合には温暖差による鼻づまりも起こりやすく、いびきをかく確率が大きくなってきます。さらに、空気が乾燥していてもいびきをかきやすくなります。口呼吸をしている場合、上気道が乾燥してしまい、ピリピリと痛みを感じることがあります。こういった痛みを感じたときには、なるべく早い段階で部屋に加湿器を用意するのが良いでしょう。いびきの治療に特化したスチーム加湿治療器もあります。またいびきを防止するための薬もいくつか発売されており、鼻の粘膜を乾燥させないように塗っておくだけでいびきを抑え...
いびきで悩んでいる人のほとんどは、鼻づまりが起こっていないのに口で呼吸する習慣がある人でもあります。しかしながら、いちど習慣がついてしまうと簡単に治す事は難しいとされています。口呼吸が今日になってしまっている人の場合は、まずは口を閉じて眠る癖をつけなくてはなりません。口呼吸を続けていると朝起きたときに口の中が極端に乾いていたり、喉がイガイガしているため風邪などの予防にも大切なことです。いびきを防止するグッズとして、マウステープと言うものが販売されています。口呼吸を防止するために、テープを貼るのですが、肌荒れがしないようなテープになっています。口呼吸で長い間眠っていた人が、鼻呼吸に切り替えると言...